本文へ移動

ドローン講習課程

JUIDA認定スクール「ドローンスクール大塔」
ドローン操縦資格免許が2022年12月5日から国家資格として制度化されました。
当校の講習は民間資格「JUIDA認定ライセンス」取得を目指すものであり、国家資格受験に繋がるものです。
以下に民間資格を取得しておくメリットをご紹介します。 

民間資格を取得しておくことで国家資格取得のための登録講習機関での講習をスムーズに受講できる。
②民間資格を取得しておくことで経験者扱いとなり、実技・学科の受講時間数が大幅に免除される。
 ※1等無人航空機操縦士免許取得講習
  初学者(ライセンスなし):学科18H  実技60H
  経験者(ライセンスあり):学科10H  実技17H
 ※2等無人航空機操縦士免許取得講習
  初学者(ライセンスなし):学科10H  実技15H
  経験者(ライセンスあり):学科  2H  実技  4H
③受講を分散できるので時間的負担が少ない。
④受講を分散することで一括での大きな支払いがない 。
ドローンの仕事を早く開始できる(民間ライセンスでも申請をすれば飛行は可能。)

スクールコンセプト

これからの社会が求める実践的な教育

いまやドローン(無人航空機)の利便性は趣味の範囲を超え、AIとの統合ビジネスにおける革新的な用途として活用されつつあります。

しかしながら、商用ビジネスとして活用するためには高度な操縦技能を習得し「航空法・電波法」などの法律を理解する必要があります。

本校では「JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)」

の認定制度により、ドローン(無人航空機)を安全に操縦するための技能教育及び法律に関する知識の理解教育を提供しています。


スクールカリキュラム

安全に飛行するための操縦技能及び知識の習得 

カリキュラムはドローン(無人航空機)を安全に飛行させるための操縦技能及び飛行に関する知識を習得することで「無人航空機操縦技能」の民間資格認定を目指します。

また、ドローン(無人航空機)の運航に関わる安全と法律の知識を理解し、且つ飛行業務の安全管理能力を習得することで「無人航空機安全運航管理者」の民間資格認定を目指します。

※JUIDA民間資格認定後は登録講習機関で国家資格免許取得のための講習を受講し、国家試験を受験することができます。

JUIDA認定ライセンス「操縦技能取得コース」

ドローンを操縦する上で必要な知識と技術の習得

※講習修了後にJUIDAライセンスの取得申請が可能となります。
受講料
220,000円(税込)
受講料に
含まれるもの
講習代、ドローン使用料、テキスト代、
講習中の保険代
申請可能
ライセンス
JUIDA操縦技能証明証
対象年齢
満16歳以上
受講期間
3日間(座学1日、実技2日)
講習場所
学校構内
クレジット
対応可
VISA、mastercard、JCB
paypayほか

JUIDA認定ライセンス「操縦技能取得コース」及び「安全運航管理者取得コース」

ドローン飛行に必要な操縦技術・安全管理の知識を習得

※講習修了後にJUIDAライセンスの取得申請が可能となります。
受講料
250,000円(税込)
受講料に
含まれるもの
講習代、テキスト代、講習中の保険代
申請可能
ライセンス
JUIDA操縦技能証明証
JUIDA安全運航管理者証明証
対象年齢
満18歳以上
講習期間
4日間(座学2日、実技2日)
講習場所
学校構内
クレジット
対応可
VISA、mastercard、JCB
paypayほか

おことわり

本講習は民間資格を取得するための講習です。 
国家資格を取得するためには登録講習機関での受講
及び指定機関での資格試験を受検する必要があります。
TOPへ戻る